活動報告

ご報告「アトランティスの馬」

小林広恵 個展
「アトランティスの馬」
2021年4月3日(土)~4月18日(日)
GALLERY APA MainRoom
名古屋市瑞穂区汐路町

 

もう、ここにはない土地に駆ける馬に想いを馳せる。

植物たちはまた永遠普遍。

もう無い土地の植物もまた今も手に取れる。_

そんな世界を描けたらと思います。

 

この一番小さなサイズは4点とも旅立ちました。

昨年の個展に試作を出していました木の年輪の部分(小口)に描いている。シリーズ。今年は新たに電動糸鋸で形を切り出しているものもあります。

不思議と、正方形や長方形でないほうがイメージがたくさん湧いてくれます。

馬の形に切り出したら、この馬にはこの風景、というように浮かんでくるイメージは新しい出会いでした。

冬のころから、小口を用意したりヤスリをかけたり下地を塗ったり、制作を初めていましたがなかなか筆をとることができませんでした。そのうち春になり葉や花が咲き始めてやっと筆から花が咲くように描き始めることができたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です