Concept

my60739pRcYtVBzqHV8zbak (1)

主に油絵を使い、公園や身近な自然とフィクションを融合し緑色を主体とした「緑の足」のシリーズがある。

水彩ドローイング、滞在制作のシリーズ、一頭の馬が私のたくさんの絵の中を旅をする「旅をする馬」シリーズ、

近年では風と木漏れ日をひろうように風景を描く(揺れるカーテンに木漏れ日を描くように植物の影を写し取る)「木漏れ日ひろい」や、

ライブペイントをきっかけに生まれた、打楽器を演奏するバチ(マレット)で叩き描く「Beat Works」がある。

 

 

「Beat Works」では描きたい世界にある風や水や雨の音、葉ずれの音草の匂いなども叩く音に込め、また円形キャンバスを使うことで、キャンバスはその世界を除くイメージの窓だという思いがある。

窓にはカーテンがかかっている、カーテンに描かれた「木漏れ日ひろい」もまたそこに寄り添うイメージの境界である。

そしてその世界は自分のなかのもうひとつの世界で、その内包された世界のなかを空気のように漂いながら感じ、慈しみ楽しみ癒されながら、立ち上げるように描きつくる。

 

ライブドローイングイベント0contactを主催し、ドローイングの可能性を広げる場をつくるとともに、自身の普段の制作とは違う削ぎ落とされた何かも探している。

 

また、絵画教室アートラボスタジオQにて、水てっぽうアーティストになろう、毛糸の蜘蛛の巣、スパイス絵の具つくり、など子供やアーティストのためのワークショップを多数てがける。

小牧市民祭り、とだがわ子供ランド、衣装協力、ほか。

いしつむメンバー。