Concept

緑のなかにいると子どもの自分が癒される。

身体の内に風景がある。

足の裏で感じた苔の感触、

里山の川の音、

公園で読んだ小説の言語から視覚へと変換されたイメージと、木々のざわめきの聴覚刺激が起こす音と時間の視覚イメージ。

それらが身体感覚を通して、内側に物語の可能性を豊潤に含んだ風景をつくる。

脳裏に浮かぶその世界と同じ大きさのイメージを、私はそれをえがく。風も音もともにありながら。背中の痛みは翼が生えるイメージに変換された。

ときにはマレットで奏でながら描く。

キャンバスはそれを覗く窓である。

植物や風景はゴミ箱じゃない。威厳があり尊く、人格としての姿をみせはじめた。人は醜い。人は美しい。私は人がずっと恐ろしいものだったが今自然と同じような優しさと儚さ脆さをみる。鳥が踊る日常はゴミが放り込まれて崩壊しTwitterみたいだと思う。私の風景はこの世界の鏡だ。

緑と植物をテーマに描くことの分野で活躍する。

何にでも描く、何を使っても描く。ジャンルを超えても小林広恵の作品であること。現代美術は発明である。決して背伸びでも飛び道具でもなくて、今ある技術で今あるもので、やり方とかシステムとか違う使い方や視点をずらすことによって生まれる発明である。自分のコンセプトからはずれずに、やりやすいやり方を目指し、より明確に伝えられる。そんな自分の言葉で語る発明である。その発明に「木漏れ日ひろい」シリーズと「BeatWorks」がある。他に水彩、陶器に絵付けなど。

いしつむメンバー。
メールアドレス kobanoatorie@gmail.com