Concept

緑のなかにいると子どもの自分が癒される。

身体の中に風景がある。

足の裏で感じた苔の感触、

里山の川の音、

公園で読んだ小説と木々のざわめき

それらが身体を通して、内側に

物語の可能性を豊潤に含んだ風景をつくる。

私はそれをえがく。風も音もともにありながら。

キャンバスはそれを覗く窓である。

緑と植物をテーマに描くことの分野で活躍する。

 

いしつむメンバー。
作品のご購入ページは準備中です。