BeatWorks

BeatWorks

マレット(打楽器を演奏するバチ)に絵具をつけ

キャンバスを叩きながら描く。

キャンバスの裏にピックアップマイクが取り付けてあり

エフェクターを通して描く線が色が音になる。

作品世界の音も表現する。

音の痕跡としての絵画であり、小林広恵が描くにあたって最も大切にしている、画面の「リズム」をメインに発明したBeatWorksシリーズ。リズムは間であり、緩急であり強弱である。それは色も、音楽にも演劇にも、すべての表現に通じ、境目のない美である。そして楽しみでもあり、鑑賞者が参加できるようにも展開している。