未分類

2019年個展「悟りの窓 迷いの窓」

 

小林広恵個展
「悟りの窓 迷いの窓」
2019年3月16日土曜日〜3月31日日曜日
11:00〜19:00(初日は18時.最終日は17時まで)
オープニングパーティー3月16日土曜日16時〜18時
GALLERY APA Main Room
名古屋市瑞穂区汐路町1-14 2階
www.gallery-APA.com/
お問い合わせ052-842-2500

●FineRoomでは加藤Kさんの個展が開催されます。

●個展のお知らせ●
今回は源光庵の有名な窓「悟りの窓 迷いの窓」からタイトルを拝借しています。

丸い窓は宇宙を、四角い窓はその四つの角が人間の生涯のそれぞれの時間を表します。

時間も次元も行き来しつつ1枚1枚自分の中でテーマを決めています。

闇の中の黒鳥も虚空の悲哀のような美しさと、見えないけど在る、という宇宙のイメージです。

見えないけど在る、というテーマは私の中ではよく出て来る好きなテーマです。
声、夜闇の中のキャベツ、微かな音、無人島の1日(視認する者がいない)、畏敬の念など。

「見えないけど在るもの」を絵画として描くロジックさと、絵画という表現ならではの(また日本古来の)テーマです。

そんなことを考えながら、ただ今制作中です。
どうぞ、時間をあけておいてくださいませ。
皆さまのお越しをお待ちしております。

小林広恵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です